• 新宿区立新宿コズミックセンター
  • 新宿区立新宿歴史博物館
  • 新宿区立新宿文化センター
  • 新宿区立生涯学習館
  • 施設を利用しよう!
  • 学ぼう! 体験しよう! イベント・講座情報
  • 小学校放課後子どもひろば
  • 新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン

プラネタリウム一般公開 夏番組:夏の星空とわし座の話

夏の星座

夏の夜空には、七夕の織り姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)が天の川の
両岸に輝き、その南には赤く輝く1等星アンタレスをもつ、さそり座を探すよい目印になります。
そのさそり座を、弓矢で狙っているのがいて座です。いて座が見える方向は、私たちが住む
銀河系の中心部にあたります。いて座付近の天の川が濃い乳白色に見えるのは、無数の星が
集まる銀河の中心部を見ているからです。

番組内容

■ユニバース ~宇宙へ~■
私たちを取り巻く宇宙。一体どのような世界なのでしょう。古代の人々は、天空への
あこがれから巨大遺跡を造りました。天体観測や季節を調べる道具であり、王の権威を
表す象徴でもありました。
現代では、望遠鏡や惑星探査機の開発・精度の向上により詳しい天体の姿を捉えるよう
になり、更に星の一生や宇宙の歴史までも明らかにし始めています。
今回は、その長年の研究により明らかになってきた宇宙の姿を紹介します。

■わし座の神話物語■
その昔、ギリシャの神々は夜ごと華やかな宴会を開いていました。その席を盛り上げて
いるのは大神ゼウスの娘へべ。神々はへべをとても気に入っていました。しかし、へべは
勇者ヘルクレスのもとに嫁ぐことになり、ゼウスはへべの代わりを見つけなくてはなりま
せん。
さあ、ゼウスはどうやってへべの代わりを見つけたのでしょうか。

どうぞお楽しみに!

番組スケジュール

平成29年
5月14日(日)・20日(土)、7月15日(土)・23日(日)・29日(土)、
8月4日(金)・5日(土)・6日(日)・11日(金祝)・12日(土)・
13日(日)・18日(金)・19日(土)

投影開始時間

1回目 10:30~
2回目 13:30~
3回目 14:50~
※入場券は投影開始30分前から販売します。投影時間は約50分
※投影開始後の入退場はできません

場所

新宿コズミックセンター 8階
新宿区大久保3-1-2

観覧料

大人(高校生以上) 300円
中学生以下 無料

定員

1回につき150名
※定員になり次第締め切ります

問合せ

新宿コズミックセンター
新宿未来創造財団
スポーツ課
Tel 03-3232-7701