• 新宿区立新宿コズミックセンター
  • 新宿区立新宿歴史博物館
  • 新宿区立新宿文化センター
  • 新宿区立生涯学習館
  • 施設を利用しよう!
  • 学ぼう! 体験しよう!
  • 小学校放課後子どもひろば
  • 新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン

プラネタリウム番組投影のお知らせ

星空コンサート・星空おはなしまつりへはこちらをクリック!

新宿コズミックセンター・プラネタリウムは、
星空のほか、日月食・日の出や日の入りの様子を学べる学習施設です。

【学習投影】
年間を通して、新宿区内の幼稚園・保育園・小中学生を対象に「学習投影」を行っています。
季節の星空や星座のほか、日月食・日の出や日の入りの様子を
各学年に応じたプログラムを組み立てています。
【一般公開】
一般の方に対して、四季ごとに番組プログラムを変更し公開しています。
子どもから大人まで楽しめる番組を投影しています。
公開スケジュール等は下記をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【番組プログラムご紹介】
夏番組夏の星座と銀河鉄道の夜

(番組内容)
■夏の星座■
夏至を過ぎると、夜空の主役は夏の星々へと移り変わります。
天頂近くには南北に流れる「天の川」。乳白色に輝くこの雲状の光の帯の両岸には、
七夕の織姫星「こと座のベガ」と、彦星「わし座のアルタイル」が輝き、その間を悠々と
翼を広げて「はくちょう座」が羽ばたきます。
そして、はくちょう座の1等星デネブ、こと座のベガ、わし座のアルタイルを結んでできる三角形が、
夏の星座を探す目印「夏の大三角形」です。
今回の番組では、これら夏の星々と星座についてご紹介します。

■銀河鉄道の夜■
「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われたり、
乳の流れたあとだと云われたりしていた、
このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」
この天の川についての書き出しで始まる、宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」。
主人公ジョバンニと親友カムパネルラの旅の物語を、
プラネタリウムでお楽しみください。

■ケイローンの物語■
南の空の低いところに見える「いて座」は、ケンタウルス族のケイローンです。
上半身が人間、下半身が馬の姿をした怪物であり、賢者でもありました。
ケイローンは野蛮で乱暴者が多いケンタウルス族の一人でしたが、
神と妖精の間に生まれ、ギリシャの若い英雄たちをたくさん育てました。
このケイローンの活躍の物語を投影します。ご期待ください!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【番組スケジュール】 ●6月の投影はありません
7月9日(土)・17日(日)・30日(土)
8月5日(金)・6日(土)・12日(金)・14日(日)・19日(金)・20日(土)

【投影開始時間】
1回目 10時30分~
2回目 13時30分~
3回目 14時50分~
※入場券は投影開始30分前から販売します。投影時間は約50分
※投影開始後の入退場はできません

【観覧料】
大人(高校生以上) 300円
中学生以下 無料

【定員】
1回につき150名
※定員になり次第締め切ります

【お問合せ】
新宿コズミックセンター スポーツ課 TEL:03-3232-7701

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コズミックセンタープラネタリウムでは、
夏と冬に開催する親子向けイベント「星空おはなしまつり」のほか、
楽しいプラネタリウム星空イベントを開催しています!