• 新宿区立新宿コズミックセンター
  • 新宿区立新宿歴史博物館
  • 新宿区立新宿文化センター
  • 新宿区立生涯学習館
  • 施設を利用しよう!
  • 学ぼう! 体験しよう! イベント・講座情報
  • 小学校放課後子どもひろば
  • 新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン

地域で活動する日本語ボランティアのための研修会 in 新宿2015

多くの外国人が暮らす“多文化共生のまち”新宿区。この地域で日本語学習を必要とする外国人を、多くの日本語ボランティアの皆さんが支えています。 この度、皆さんの日々の活動がさらに充実するための場を設けました。日本語教材の著者をお招きしての講演のほか、教材の展示・販売なども行います。 これから日本語ボランティアとして活動したい方の参加も大歓迎! お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

 

日 時 : 平成27年2月7日(土) 13:30~18:00 (13:00受付開始)

会 場 : 新宿文化センター 3階 小ホール

 

       13:30~14:30

『日本語初級 大地』を体験してみよう!-発話を増やす活動を中心に-」
山﨑佳子(『日本語初級 大地』共著者)
(テーマ書籍:『日本語初級 大地』)

14:40~15:40

「どのように教えていますか?“使える”ことばの教え方」
安藤栄里子(ミッドリーム日本語学校教務主任)
惠谷容子(早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤講師)
(テーマ書籍:『どんなときどう使う日本語語彙学習辞典』)

15:55~16:55

「日本語ボランティアとしての自分を最大限に発揮しよう」
河野俊之(横浜国立大学教育人間科学部)
(テーマ書籍:『Teach Japanese~日本語を教えよう~』)

17:00~18:00

日本語ボランティア同士の交流と情報交換
日本語教材の展示・販売                  ☆会場限定での割引あり☆

※内容・スケジュールは変更になる場合もございます。

 

日  時 平成27年2月7日(土) 13:30~ (13:00受付開始)
会  場 新宿文化センター 3階小ホール (新宿6-14-1)
講  師 山﨑佳子(『日本語初級 大地』共著者)
安藤栄里子(ミッドリーム日本語学校教務主任)
惠谷容子(早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤講師)
河野俊之(横浜国立大学教育人間科学部)
対  象 日本語ボランティアとして活動している方、またはこれから日本語ボランティアとして活動してみたい方
先着200名、参加無料
申  込 電話、ファクス、Eメール、郵送のいずれかで下記まで。「氏名、電話番号、グループで活動中の方はグループ名」を明記してください。
財団WEBサイトからの申し込みもできます。定員に達しましたので申込を停止させていただきました。多数のご応募ありがとうございました。
主  催 公益財団法人新宿未来創造財団
協  力 株式会社アルク、株式会社スリーエーネットワーク、株式会社凡人社
申 込 先
お問い合わせ
公益財団法人新宿未来創造財団 文化交流課
〒160-0022新宿区新宿6-14-1 新宿文化センター内
TEL  03-3350-1141
FAX  03-3350-4839
Eメール bunka@regasu-shinjuku.or.jp
チラシダウンロード
昨年の様子  

 

 

 

【内容詳細】

『日本語初級 大地』を体験してみよう!-発話を増やす活動を中心に-」
山﨑佳子(『日本語初級 大地』共著者)
(テーマ書籍:『日本語初級 大地』)

初級日本語総合教材:『日本語初級 大地』は様々な場面で、日本語を学ぶ外国人のための初級日本語総合教科書です。このシリーズを使うことで、自分から積極的に発信する力や相手との双方のやり取の力を伸ばすことができ、豊富なイラスト、多様な練習問題(ドリル、インフォメーションギャップ、ロールプレイ、ディスカッション他、多様なタスク)で運用力を養成しながら、楽しく学習することができます。今回のイベントでは著者の本シリーズの実際のボランティア教室での使用事例を交えながら、参加者の皆様と『日本語初級 大地』の使い方を体験してみたいと思います。

 

「どのように教えていますか?“使える”ことばの教え方」
安藤栄里子(ミッドリーム日本語学校教務主任)
惠谷容子(早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤講師)
(テーマ書籍:『どんなときどう使う日本語語彙学習辞典』)

 

むかしむかし高校生だったころ、アルファベット順に並んでいる英単語をひたすら暗記させられたものでした。なかなか覚えられず、使えるようにもならず、意味の理解も表面的なものだったでしょう。  そして日本語教師になったら、学生が作文に「◯○大学に不合格しました」! 「語彙を教える」とはどういうことなのか、何をどう教えれば学習者がその言葉を使えるようになるのか、一緒に考えてみましょう。この本は、学習者だけでなく、教師の負担を少なくする資料としても、ご活用いただけると思います。

 

「日本語ボランティアとしての自分を最大限に発揮しよう」
河野俊之(横浜国立大学教育人間科学部)

(テーマ書籍:『Teach Japanese~日本語を教えよう~』)

「なぜ日本語ボランティアをしようと思ったのですか。そして、なぜ日本語ボランティアをしているのですか。」その答えは人さまざまでしょうが、学習者に喜んでもらうため、そして、自身の喜びを感じるためだとすれば、そのためには何をしたらいいのでしょうか。教材ではなく、生身の人間が日本語ボランティアをしている意義を考え、自分の能力を最大限に発揮するための方法を考えてみましょう。