フロアガイド


文化センターフロアガイド


沿革
新宿区立新宿文化センターは、「新宿区にも、日頃の音楽・舞踊・演劇等の練習の成果を発表する文化施設を建設して欲しい」という区民の要望のもと、新宿区成立25周年を記念して建設が計画され、昭和54年4月に開館しました。
メイン施設である大ホールではクラシックコンサート、バレエ、オペラをはじめさまざまな催し物が開かれ、多くの人々に親しまれています。大ホールは、ステージと客席との距離が近く、生の音や肉声が聞き取りやすくなっていますので、すばらしい臨場感が得られると評判です。
このほか、ピアノ発表会、室内楽、演劇などに適した小ホール、書画、写真、生花展などに気軽に利用できる展示室、趣味の勉強会から企業や団体の研修まで、幅広く活用できる会議室、落ち着いた雰囲気の中でお食事が楽しめるレストランなどを備え、みなさまのコミュニティーセンターとしても広く愛されています。


施設概要

所在地

〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1

開館日

1979年4月1日

構造規模

鉄骨鉄筋コンクリート造、地上4階・地下3階

敷地面積

4,995.49m2

建築面積

3,495.56m2

延床面積

16,446.00m2

来場者用設備

大ホール(1,802席)
小ホール(210席)
リハーサル室
展示室
会議室(6室)
レストラン
主催者用駐車場

開館時間

9:00~22:00(受付は20:00まで/チケット取扱は19:00まで)

休館日

原則として毎月第2火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)