エルワン・ル・プラド クリスマス・オルガンコンサート

フランスの名オルガニスト エルワン・ル・プラド 来日公演!

聖母マリアに捧げる音楽

 

クリスマスを音楽で祝う習慣は、太古の昔、冬至の日の祭典にさかのぼります。
“ひとりの子が私たちに生まれた”と歌われるように、聖なる御子の誕生は、この世を照らす光。
幼子イエスを抱く聖母マリアの像は、幾世紀にもわたって、人々に喜びと希望を与え、音楽家たちは、霊感の源泉である聖母マリアに彼らの作品を捧げてきました。
ティトゥルーズの古いマニフィカート、アフリカの聖歌によるフローレンツのロード、ブルーナのレタニアにきくスペイン・バロックの斬新さ、ヴィダルのネオクラシックな歌・・・
マリアの象徴「海の星」は消えることなく、グリニーの賛歌の中に輝き、マリアを讃える歌は永遠に響きわたります。
暁の星、羊飼いと天使など、クリスマスを彩るさまざまなイメージは、万華鏡のように変容し、バッハからフランクへ、ブクステフーデからレーガーへと移り行き、歓喜のうずは時を超え、音楽的・宗教的高揚はメシアンの「神はわれらのうちに」に至り、絶頂に達するのです。
みなさん、ご一緒にクリスマスを祝いましょう!

エルワン・ル・プラド

 

日時

2017年12月23日(土祝) 15:00開演 (14:30開場)

 

会場

新宿文化センター 大ホール
(新宿区新宿6-14-1)

 

オルガン演奏

Erwan Le Prado


カン音楽院にて音楽を学んだ後、P.パンスマイユ、A.イゾワールに師事し、15歳でパリ国立高等音楽院に1位指名で入学。M.シャピュイ、O.ラトリーのもとで学ぶ。
オルガン演奏、即興演奏(L.マリエ、T.エスケッシュ)、通奏低音、和声、対位法、フーガ、20世紀様式作曲の各分野でプルミエプリを得る。その一方、M.C.アランのもとでオルガン演奏を学ぶ。
また数々の国際コンクールで高い評価を受け、ビアリッツ、リューゼルン、セント・オーバンズの各コンクールに入賞、1996年シャルトル国際オルガンコンクールでは18歳という史上最年少の若さでバッハ賞受賞。
1999年ジュネーヴのスイス国際コンクール優勝、2000年シャルトル国際オルガンコンクールの演奏部門第1位および聴衆賞受賞。
現在、世界各地でリサイタルを行うほか、各地でマスタークラスを行い、数々のコンクールで審査員をつとめている。
また、カン地方国立音楽院にてオルガン演奏、即興、和声の指導にあたっている。
カン市聖エティエンヌ大修道院オルガニスト、ファレーズ市ノートルダム教会オルガニスト。

 

演奏曲目(予定)

J.L.フローレンツ 「マリアの竪琴」・・・『ロード』より
O.メシアン 「神はわれらのうちに」・・・『主の降誕』より
J.S.バッハ 「パストラーレ」BWV590          ほか

web_himitsukichi

料金

全席自由 2,000円
新宿区民割引 1,000円
新宿文化センター友の会割引 800円
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 車椅子でご観覧を希望される方は新宿文化センターへお電話でご連絡ください。
  • 新宿区民割引は窓口(要証明書)、電話予約のみのお取り扱いです。新宿区在住の方お一人4枚まで購入可。
 

チケット販売

※新宿文化センター友の会割引tomoのご利用には、ご入会が必要です(有料)
新宿文化センター友の会入会案内ページ
※お一人様1公演4枚まで

10月7日(土)より販売開始

WEB Web予約 チケットWeb販売システム (外部リンクに接続します) 

※セブンイレブンでの発券の際に別途発券手数料がかかります。
※Web予約のご利用には、会員登録が必要です(無料)
チケットWeb会員登録ページ

mado_web 窓口販売

  • 新宿文化センター 9:00~19:00(第2火曜日は休館)
  • 新宿コズミックセンター 9:00~19:00(第2月曜日は休館)
  • 新宿歴史博物館 9:30~17:00(第2・4月曜日は休館)

電話予約 電話予約

新宿文化センター〔Tel:03-3350-1141〕9:00~19:00(第2火曜日は休館)




主催・問合せ

新宿文化センター
(公益財団法人新宿未来創造財団)

Tel:03-3350-1141