• トップ
  • 利用案内
  • 新宿の歴史 常設展示
  • 企画展
  • 講座・イベント
  • ミュージアムショップ
  • 交通アクセス

豚形蚊遣り(蚊遣り豚)

豚形蚊遣り(蚊遣り豚)
材質 土器
器種 蚊遣り
遺跡名 内藤町
地域 四谷
制作地/型式  
法量
  • 口径  60mm
  • 全長 348mm
  • 器高  230mm
  •     26mm
推定年代 19世紀前葉~中葉
コメント  この資料は江戸時代の蚊遣り豚です。今の蚊遣り豚よりもだいぶ大きいのですが、中でいぶすものが枯葉やおがくずなどのかさばるものだったからです。蚊遣り豚の出来る前は土で出来た火鉢などを使っていたようです。それがなぜ豚の形になったのかという理由ですが、徳利の形を横にして思いついたのではないでしょうか。ちなみに、蚊取り線香は、原料の「除虫菊(じょちゅうぎく)」がヨーロッパから日本に伝わる明治以降にできました。