夏目房之介・サエキけんぞう マンガとロックと新宿を語る講座「新宿カウンターカルチャーストーリー」

MANGA&ROCK&SHINJUKU GOLDEN AGE

SCCS2016

手塚治虫の登場に端を発する戦後のマンガ文化と、エルヴィス・プレスリーの登場に始まるロックを軸に新宿がユースカルチャーの拠点となった時代(1960~70年代)を俯瞰します。

日本とアメリカで派生した二つのカウンターカルチャーが、人種と国家の壁を越えてグローバルな文化に発展した過程を分析し、新宿的な風俗との接点を探ります。

マンガ編

2016年8月28日(日) 14:00~16:00

講師:夏目房之介 ゲスト:サエキけんぞう

戦後、赤本と貸本文化によって広がり、高度経済成長期にはマンガ週刊誌を媒体に進化し、やがて出版産業界のキラーコンテンツとなったマンガ。
現在は、膨張する作品群がMANGAとして輸出され、日本政府の対外文化宣伝を担うクールジャパンの中核を担っています。
戦後マンガの変遷を解説し、マンガと新宿の接点を考察します。

ロック編

2016年10月23日(日) 14:00~16:00

講師:サエキけんぞう  ゲスト:夏目房之介

1950年代のアメリカで生まれ、今なおユースカルチャーの頂点に君臨するロックが、様々な時代の中で勝ち取ってきたカウンターカルチャーとしての意味を探ります。
ロカビリー、ロックンロール、ブルース・ロック、サイケデリック・ロック、パンク・ロック、テクノポップなど、ロックの多様性を解説しながら、新宿とロックの関係について俯瞰します。

会場

新宿文化センター 小ホール

料金

各回1,000円 2回セット券1,600円

対象・定員

高校生以上 各回定員210名
※新宿区在住・在勤・在学の方優先
※多数抽選
※最少催行人数100名

申込み方法

当日直接ご来場ください。

 

問い合わせ・申込み

新宿文化センター(公益財団法人新宿未来創造財団)
〒160-0022新宿区新宿6-14-1
Tel 03-3350-1141 Fax 03-3350-4839