フレッシュ名曲コンサート オール・ドボルザーク・プログラム「新世界より」

毎年恒例!フレッシュ名曲コンサート836-omote-2

今年は、数々の国際舞台で活躍の若きチェリスト、上野通明と日本フィルハーモニーオーケストラによる「オール・ドボルザーク・プログラム」。
海老原光の指揮でお届けします。

日時

2016年10月2日(日) 開演14:00(開場13:30)

会場

新宿文化センター 大ホール

曲目

チェロ協奏曲ロ短調op.104
交響曲第9番ホ短調「新世界より」op.95

出演

指揮:海老原光
チェロ:上野通明
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

Web1002_ebihara

海老原光 Ebihara Hikaru

1997年ウィーン・マスターコースに参加、オペラ指揮のディプロマを修得。
2003年より1年間ブダペストに留学、ハンガリー国立歌劇場にて研鑽を積む。
2004年から2006年まで東京シティ・フィルハ-モニック管弦楽団指揮研究員を務め、飯守泰次郎・矢崎彦太郎両氏の薫陶を受ける。
2005年 国際バルトークセミナー(ハンガリー)に参加、オーケストラ指揮のディプロマを修得。
2007年 第4回 ロブロ・フォン・マタチッチ国際指揮者コンクール にて日本人として歴代最高位となる第3位を受賞。
2009年 第15回 ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール にて第6位を受賞。
2010年 第11回 アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール にて審査員特別賞を受賞。
2010年より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団アソシエイト・コンダクターに就任。
これまでに、東京シティ・フィルハ-モニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ、サヴァリア交響楽団、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団ほかを指揮し、客演を重ねる。
2009年3月には、『英雄』『皇帝』を指揮して、小山実稚恵氏と東京都交響楽団との共演をはたし、「気負いもなく若き巨匠に相応しい実に爽やかで瑞々しい流麗なベートーヴェン」(音楽現代)と評される。
指揮を小林研一郎、高階正光、コヴァーチ・ヤーノシュ、ユリウス・カールマー、ペシュコ・ゾルタン、音楽学を村原京子、土田英三郎、音楽教育を山本文茂、佐野靖、音楽理論を久保禎、ソルフェージュを上江洲玲子、竹島悠紀子、ピアノを東郷和子、田中明子、ヴァイオリンを岩下ゆり子、クラリネットを海老原さなえ、室内楽を島田俊雄の各氏に師事。

Web1002_ueno_C_M.Ikeda

(C) M.Ikeda


上野通明 Ueno Michiaki

パラグアイに生まれ、5歳よりチェロを始める。
幼少期をスペイン、バルセロナで過ごし、数々のコンクールで優勝または入賞。
2009年第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールにて13歳で日本人初の優勝し、2010年第6回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門最年少第1位、ルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ文化局賞を併せて受賞、翌年ルーマニア各地にて五夜連続演奏会に出演。2014年18歳で第21回ヨハネス・ブラームス国際コンクールチェロ部門第1位となり一躍話題となる。
いしかわミュージックアカデミー(IMA音楽賞受賞)、Great Mountain Music Festival(全額免除奨学生)、カザルス国際音楽祭、クロンベルクアカデミー、ウィーン国際アカデミー等に参加し研鑽を積む。
これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、山形交響楽団、ロシア交響楽団等国内外のオーケストラと多数共演。
韓国KBSテレビ「クラシックオデッセイ」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHKBS「クラシック倶楽部」、NHKFM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。
日本演奏家連盟、ロームミュージックファンデーション、江副記念財団奨学生。岩谷時子音楽文化振興財団「第1回Foundation for Youth」「第6回岩谷時子賞奨励賞」受賞。
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース全額免除特待生として毛利伯郎氏に、昨年秋よりデュッセルドルフ音楽大学コンツェルトエグザメン(ドイツ国家演奏家資格)コースにてピーター・ウィスペルウェイ氏に師事。

Web1002_nichifil(c_山口敦)

(C) 山口敦


日本フィルハーモニー交響楽団

1956年6月創立。
楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。
当初より幅広いレパートリーと斬新な演奏スタイルで、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時の楽壇に新風を吹き込み、大きなセンセーションを巻き起こした。
1962年には世界初のシベリウス交響曲全集(渡邉曉雄指揮)を録音。また、イゴール・マルケヴィチ、シャルル・ミュンシュなど世界的指揮者が相次いで客演。
1964年にはアメリカ・カナダ公演で大成功を収め、創立から10年足らずの間に飛躍的な発展を遂げた。
創立期から始められた「日本フィル・シリーズ」は、幅広い層の邦人作曲家への委嘱シリーズで、現在までに40作が世界初演されており、すでに“古典”と呼ぶにふさわしいポピュラリティを獲得したものも少なくない。日本の音楽史上でも例のない委嘱制度として、広く評価されている。
2016年に創立60周年を迎える日本フィルは、この歴史と伝統を守りつつ、さらなる発展を目指し、質の高い音楽をお届けする「オーケストラ・コンサート」、音楽との出会いを広げる「エデュケーション・プログラム」、音楽の力で様々なコミュニティに貢献する「リージョナル・アクティビティ」という3つの柱で音楽を通じて文化を発信している。

料金

全席指定
S席4,000円 A席3,500円
新宿区民割引 S席3,800円 A席3,200円
新宿文化センター友の会割引 S席3,600円 A席3,000円
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 車椅子でご観覧を希望される方は新宿文化センターへお電話でご連絡ください。
  • 新宿区民割は窓口(要証明書)、電話予約のみのお取り扱いです。新宿区在住の方お一人4枚まで購入可。

チケット販売

※インターネット上でチケットを購入するには、新宿文化センター友の会(有料)またはチケットWeb会員(無料)の登録が必要です。
新宿文化センター友の会メンバー(先行発売)tomo ※お一人様1公演4枚まで
7月8日(金)
12:00より
発売開始
WEBWeb予約 チケットWeb販売システム (外部リンクに接続します) 
※セブンイレブンでの発券の際に別途発券手数料がかかります。
mado_web 窓口販売 新宿文化センター 9:00~19:00(第2火曜日は休館)
新宿コズミックセンター 9:00~19:00(第2月曜日は休館)
新宿歴史博物館 9:30~17:00(第2・4月曜日は休館)
電話予約電話予約 新宿文化センター〔TEL:03-3350-1141〕
9:00~19:00(第2火曜日は休館)
 新宿文化センター友の会入会案内ページ
※特典(割引と先行発売)のご利用には、ご入会が必要です(有料)
チケットWeb会員(一般発売)
7月11日(月)
12:00より
発売開始
WEBWeb予約 チケットWeb販売システム (外部リンクに接続します) 
※セブンイレブンでの発券の際に別途発券手数料がかかります。
  チケットWeb会員登録ページ
※Web予約のご利用には、会員登録が必要です(無料)
一般・新宿区民(一般発売)
7月15日(金)
より発売開始
mado_web 窓口販売 新宿文化センター 9:00~19:00(第2火曜日は休館)
新宿コズミックセンター(7月19日~) 9:00~19:00(第2月曜日は休館)
新宿歴史博物館(7月19日~) 9:30~17:00(第2・4月曜日は休館)
 7月19日(火)
より発売開始
電話予約電話予約 新宿文化センター〔TEL:03-3350-1141〕 9:00~19:00(第2火曜日は休館)
一般プレイガイド
7月15日(金)
10:00より発売開始
チケットぴあ外部リンク:TEL.0570-02-9999 [Pコード301-396]
イープラス外部リンクhttp://eplus.jp/(PC・携帯共通)
 




共同主催:公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化会館)
企画協力:東京オーケストラ事業協同組合
主催・問合せ:新宿文化センター(公益財団法人新宿未来創造財団) Tel:03-3350-1141