ブルース・オズボーンと親子写真展

親子を撮り続ける写真家ブルース・オズボーンさんによる
「親子写真展」を新宿文化センターで開催。
1982年から「親子」を撮り続け、その数6,500組を越える「親子」に出逢った彼が見つめてきた日本の親子のかたち。

 

 

 

 

 


ブルース・オズボーン プロフィール


University of Pacific にて現代美術を、Art Center College of Design にて写真を専攻。Phonograph Record Magazine のチーフ・フォトエディターを経て1980年に来日。写真展「LA Fantasies」をかわきりに日本での活動を開始した。以来、テレビCF、広告写真、The Boom、B’z、Sophia、Glay などの音楽CDなど多岐にわたる分野で活躍。2002年、映像と音楽のユニット、Futon Logicを結成し、国内外でライブ活動も行っている。ライフワークとなる「親子」シリーズは、1982年に撮影を開始して以来、すでに6500組以上の親子を撮影している。

1984年、外国人特派員クラブにてはじめての「親子」写真展を開催。
その後も代官山ヒルサイドテラス、山梨県立美術館、大阪キリンプラザ、横浜ランドマークタワー、
大崎のステーションギャラリー、金沢21世紀美術館、オリンパスギャラリーなど各地で多数の「親子写真展」を行う。

※「ブルース・オズボーンと親子写真」~ 2018年『親子の日』に出会った親子~
9月14日~19日オリンパスギャラリー東京で開催。

 

 

日時

2018年9月12日(水)~10月5日(金)開館時間9:00~22:00 ※最終日は17:00まで

会場

新宿文化センター エントランス 

企画制作

Ozone Inc.

問合せ

新宿文化センター Tel 03-3350-1141