フレッシュ名曲コンサート『西本智実×日本フィルハーモニー交響楽団』

©鍋島徳恭(西本智実)/写真提供:サントリーホール(上野通明)



世界を舞台に活躍する指揮者・西本智実。新宿区在住のスーパー高校生、チェリスト・上野通明が挑む!

日時

2014年2月2日(日)14:00開演(13:30開場)

会場

新宿文化センター 大ホール

出演

指揮/西本智実 チェロ/上野通明 管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団

曲目

ドヴォルザーク/チェロ協奏曲 ロ短調
ベートーヴェン/交響曲第3番 変ホ長調「英雄」

料金

SS席 5,500円〔Web友割:5,000円〕 完売御礼
S席 5,000円〔Web友割:4,500円/新宿区民割:4,000円〕 完売御礼
A席 3,500円
B席 3,000円〔学割(高校生以下):1,000円〕

  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 車椅子席のご希望は新宿文化センターへお電話でお申込みください。
  • 新宿区民割は窓口(要証明書)、電話予約のみのお取り扱いです。新宿区在住の方お一人4枚まで購入可。
  • 学生割引は窓口(要学生証)のみのお取り扱いです。ご購入時に生徒手帳または学生証を提示ください(小学生以下は不要)。コピー(または原本)をご提示いただければ、保護者様による代理購入も可能です。
  • Web友割・インターネット予約のご利用は新宿文化センター友の会[Web友]の会員登録(無料)が必要です。

主催 公益財団法人 新宿未来創造財団
共同主催 公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化会館)
企画協力 東京オーケストラ事業協同組合
お問合せ 新宿文化センター(TEL:03-3350-1141)
 
 
西本智実(指揮)
西本智実

©鍋島徳恭


現在、イルミナートフィルハーモニーオーケストラの芸術監督兼首席指揮者、日本フィルハーモニー交響楽団ミュージックパートナー。
2011年よりオリンパスホール八王子のエグゼクティブプロデューサー。
大阪音大作曲科を卒業後、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院オペラ・シンフォニー指揮科に留学。
チャイコフスキー記念財団ロシア交響楽団芸術監督兼任首席指揮者(2004年~2007年)、ムソルグスキー=ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラバレエ劇場首席客演指揮者(2004年~2006年)、ロシア国立交響楽団首席客演指揮者(2010年~2011年)など外国人として初めての要職を歴任。英国ロイヤルフィル、リンツブルックナー管、モンテカルロフィル、ハンガリー国立歌劇場、プラハ国立歌劇場、ウクライナ国立オデッサ歌劇場等で成功を収めヨーロッパでの活動を広げつつ、2010年にはカーネギーホールにてアメリカンシンフォニーオーケストラを指揮し大成功をおさめ、2011年以降毎シーズンウェストチェスター交響楽団定期演奏会に招聘されており、アメリカへも進出。
ダボス会議を主催する『世界経済フォーラム』のヤング・グローバルリーダーに選出されており、2012年にはハーバード大学ケネディスクール“エグゼクティブ エデュケーション”に奨学金研修派遣され修了する等その活動は世界から注目を集めている。
西本智実公式ウェブサイト


上野通明(チェロ)
上野通明

パラグアイに生まれる。5歳よりチェロを始め幼少期をスペイン、バルセロナで過ごし、数々のコンクールで優勝または入賞。2009年韓国スウォンで開催された第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールにて日本人初の優勝。韓国KBSテレビ「クラシックオデッセイ」、テレビ朝日「題名のない音楽会 未来の大器」に出演。2010年第6回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位、ルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ文化局賞を併せて受賞し、翌年ルーマニア各地にて5回の連続演奏会に出演。日本パスツール協会主催、ルイ・パスツールの夕べで常陸宮殿下ご夫妻の前で演奏する。2011年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)全額免除特待生として入学。いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞、岩谷時子文化振興財団より「第1回Foundation for Youth」受賞。2012年第10回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位。これまでに大友直人、飯森範親、沼尻竜典、金洪才指揮、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。馬場省一、イニアキ・エチェパレ各氏、現在毛利伯郎氏に師事。