森山開次ダンスワークショップ

森山開次ダンスワークショップ 驚異的な身体能力と独自の作品世界に定評があるコンテンポラリーダンサー、森山開次によるダンスワークショップ。自身の振付・出演によるダンス作品の発表を国内外で続けるほか、NHK教育「からだであそぼ」等の子ども向け番組でもレギュラーを務める森山氏といっしょに、からだを動かす楽しさを体験しましょう! どなたでもご参加いただけます。

こども向けプログラム

日時

2015年8月15日(土)13:30~15:30

会場

新宿文化センター 小ホール

対象

小学3~6年生 定員30名 経験不問
  • 動きやすい服装に、タオルと上履き(運動靴)
  • 会場は鏡なし、床面はリノリューム

料金

参加費:2,500円〔新宿区民割引2,300円〕
見学料:1,000円(定員20名)
※同伴される保護者がホール内で見学される場合も見学申込みが必要です。お申込みのない場合はロビーでお待ちいただきます。

おとな向けプログラム

日時

2015年8月16日(日)14:00~16:00

会場

新宿文化センター 小ホール

対象

高校生相当以上60歳まで 定員30名 経験不問
  • 動きやすい服装に、タオルと上履き(運動靴)
  • 会場は鏡なし、床面はリノリューム

料金

参加費:3,000円〔新宿区民割引2,800円〕
見学料:1,000円(定員20名)

お申込み方法(受付終了)

申込フォームに必要事項をご記入のうえお申込みください。
お申込みはこちら申込受付期間:5月5日(火)10:00~7月15日(水)21:00
  • 応募者多数の場合は抽選となります。7月25日(土)までに、応募者全員に参加可否をメールにてご連絡いたします。
    @regasu-shinjuku.or.jp からメールが受信できるように、ご自身のメール設定をご確認ください。
  • 高校生相当以下(18歳未満)の方は、保護者同意の上お申込みください。
  • お送りいただいた個人情報は、本ワークショップに関する事務にのみ使用いたします。

森山開次プロフィール

もりやま・かいじ ダンサー・振付家。1973年神奈川県生まれ。21歳でダンスを始める。1999年以降、多くのダンス公演・TVCFなど幅広いジャンルで振付を担当。しなやかながら直線的で、空間を切り裂くような表現に定評があり、2001年エジンバラフェスティバルにて「今年最も才能あるダンサーの1人。彼1人のために観にいく価値あり」(英・Scotsman誌)と評される。

2001年ソロ活動開始。初ソロ公演『夕鶴』以降、和の素材を用いた独自の表現世界で知られ、2005年ソロ作品『KATANA』にて「驚異のダンサーによる驚くべきダンス」(米・New York Times紙)と評される。2007年ヴェネチアビエンナーレ招聘など国内海外での作品発表のほか、映画・テレビ・写真作品への参加、個展開催など幅広い媒体での表現活動に積極的に挑戦している。

2010年日本ユニセフ協会「世界手洗いダンス」振付、以降こどもへの手洗い普及活動に取り組む。主な出演作品に、映画『茶の味』『カムイ外伝』『たまたま』ほか、NHK教育テレビ『からだであそぼ』レギュラー、『トップランナー』『情熱大陸』『課外授業・ようこそ先輩』『空海 至宝と人生 第三集:曼荼羅の宇宙』ナビゲーター、『旅のチカラ』『日曜美術館』などメディア出演多数。

2012年発表『曼荼羅の宇宙』にて芸術選奨舞踊部門文部科学大臣新人賞、江口隆哉賞、松山バレエ団顕彰・奨励賞受賞。2013年『スポーツ祭東京2013』(全国国民体育大会および全国障害者スポーツ大会)開会記念式典内「未来からきた手紙」メインパフォーマーのほか、日本の芸術文化を海外へ広める文化庁文化交流使に伝統舞踊以外のダンサーとして初めて任命をうけ、ASEAN交流年を記念してインドネシア・ベトナム・シンガポール訪問。