第5回 新宿演劇祭

「第5回 新宿演劇祭」参加団体募集

新宿区内を活動拠点とする演劇団体を募集します。
演劇王国「新宿」の進化を、レガスちゃんねるで配信しよう。

「第5回 新宿演劇祭」は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、観客を入れない無観客によるリハーサル及び収録のみで、財団のWebサイトで、無料オンライン配信します。

 




◇収録会場:新宿文化センター小ホール

◇収録及びリハーサル期間:令和3年2月18日(木) ~ 2月21日(日)

◇応募期間:令和2年11月20日(金)~11月30日(月)

◇募集団体:5団体
※応募多数の場合は、必要条件を満たした5団体を抽選で決定します。
※募集要項→こちら

◇申込方法:参加申込書に必要事項をご記入の上、以下➀窓口へご持参いただくか、➁へご郵送ください。または、➂財団Webサイトからお申込みください。

➀【窓口】新宿文化センター
赤城生涯学習館・戸山生涯学習館・北新宿生涯学習館・住吉町生涯学習館・西戸山生涯学習館
➁【郵送】〒160-0022 新宿区新宿6-14-1 新宿文化センター内 文化・学習課
➂【財団Webサイト】からの申込み→こちら
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う措置
※無観客による収録のみで観客を入れての公演は行わない。
※安全で円滑な運営に必要な最小限の人数となる工夫。
※マスク着用や収録及びリハーサル前後の手洗い、手指消毒の徹底。
※自宅で検温を行い、平熱と比べて高い発熱が認められる場合は自宅待機。
※団体所有の小道具のための消毒液、出演者やスタッフの手指消毒やマスクなどの飛沫防止グッズなどの準備。
配信について
財団Webサイトで3月中旬より1週間無料配信

【参加条件】

① 収録に伴う機材及びスタッフを準備できること
② 撮影及び編集後のデータを無償提供
③ 主に新宿区内で活動していること
④ 下見及び説明会に参加可能な団体であること
⑤ 参加決定後、必ず上演できること
⑥ 公序良俗に反する内容、政治・宗教活動に関係する公演を行わないこと
⑦ 練習・リハーサル・本番問わず新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じていること。
⑧ 脚本使用料、音楽著作権使用料等を団体で負担できること
既成の台本を使用する場合は、「上演許可(法的権限を含む許可)」を得られること
⑨ 過去における各種公演において50名以上の入場者があったこと
※条件が守られない場合、参加決定後でも参加を取り消すことがあります。

【参加費】無料
〔財団が負担するもの〕
①リハーサル及び収録当日の会場使用料
②リハーサル及び収録当日の附帯設備使用料
③全参加団体掲載の総合チラシの制作費及び新宿区内公共施設への配付費
④付帯設備用の消毒液

〔参加団体が負担するもの〕
①キャスト・スタッフ及び制作に関わる全ての経費(主催者が負担するものを除く)
※照明・音響などの公演スタッフはプロに準ずる技術を要すること
②配信に関わる全ての経費 (撮影機材・撮影・編集など)
③脚本使用料、音楽著作権使用料
④参加団体の過失による付帯設備などの損害費
⑤新型コロナウイルス感染拡大防止対策費用(出演者及びスタッフ用マスク、手袋、消毒用アルコールなど)

問い合わせ

新宿文化センター(新宿未来創造財団)
Tel 03-3350-1141