エスペン・バルグ・トリオ ジャパン・ツアー 2019

~北欧の透明な時を求めて~

雄大な自然文化に恵まれた北欧の美国、そして最先端のジャズを発信し続けるノルウェーから今最も注目されるピアニスト、エスペン・バルグの3度目の来日となるトリオ公演。あらゆるカテゴリーの音楽が氾濫し、独自性が失われていく中、旋律的で精妙、強力なオリジナリティを持つエスペン・バルグ・トリオ(EBT)が、最新作と共に美しくパワフルなコンテンポラリージャズを再演する!

 

 

➡  新着情報(2019.5.16更新)
ミュージック・ビデオはこちら↓



 

日時

2019年6月1日(土) 17:00開演 (16:30開場)

 

会場

新宿文化センター 小ホール
(新宿区新宿6-14-1)

 

出演

エスペン・バルグ(ピアノ)
バルー・ライナット・ポウルセン(ダブル・ベース)
シーモン・オルダシュクーグ・アルバートシェン(ドラムス)

エスペン・バルグ・トリオ【プロフィール】

●エスペン・バルグ – pianist, composer, arranger
ノルウェー生まれ。ノルウェー科学技術大学ジャズ科で修士号を得る。2012年及び2013年世界最高峰の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」の「ピアノソロコペティション」にノミネート。2015年初のピアノトリオアルバム『モンステル』(ブルーグリーム) をリリースし、日本デビュー。2016年「モルデジャズフェスティバル」にて、母国で最も名誉ある「JazZtipendiatet」を受賞。高度なテクニックと類稀なメロディセンスを持つ至高のピアニスト。

●バルー・ライナット・ポウルセン – bassist
フェロー諸島生まれ(デンマーク自治領)。ノルウェー科学技術大学ジャズ科で学ぶ。Fjords、Fieldfare、Faroese Symphony Orchestra、Wako、Swenofon、エスペン・バルグ・トリオ等、幅広いカテゴリーのグループで演奏。欧米、アフリカ、アジアなど国内外で活躍。安定したリズムと素晴らしいハーモニーセンスを持つ新世代のベーシスト。

●シーモン・オルダシュクーグ・アルバートシェン – drummer
ノルウェー生まれ。ノルウェー科学技術大学ジャズ科で学ぶ。スウェーデンのジャズグループ「Adeln」、イギリス人シンガーソングライター、マーク・グレゴリー、Wako、エスペン・バルグ・トリオ他、ジャズ、ポップス、フォークミュージック等幅広いカテゴリーのグループで活躍し、国内外で多くの公演に出演。高度なテクニックと繊細な表現を併せ持つ新世代のドラマー。

©Christina Undrum Andersen



 

 

 

 

 

 

料金

全席指定 2,500円
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 車椅子でご観覧を希望される方は新宿文化センターへお電話でご連絡ください。
 

チケット販売

新宿文化センター友の会メンバー先行発売
tomo
3月8日(金)12:00より販売開始

※特典(先行発売)のご利用には、ご入会が必要です(有料)
新宿文化センター友の会について→https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/members/
※お一人様1公演4枚まで

WEBWeb予約、mado_web窓口販売、電話予約電話予約にて購入できます。
一般予約販売
WEB Web予約
3月14日(木)9:00より予約販売開始

チケットWeb販売システム (外部リンクに接続します) 
※セブンイレブンでの発券の際に別途発券手数料がかかります。

※Web予約のご利用には、会員登録が必要です(無料)
チケットWeb会員についてはこちら→https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/webtomo/

mado_web 窓口販売
3月14日(木)より予約販売開始
  • 新宿文化センター  9:00~19:00(第2火曜日は休館)
  • 新宿コズミックセンター  9:00~19:00(第2月曜日は休館)
  • 新宿歴史博物館  9:30~17:00(第2・4月曜日は休館)
電話予約 電話予約
3月14日(木)9:00より予約販売開始
新宿文化センター〔Tel:03-3350-1141〕9:00~19:00(第2火曜日は休館)




後援:ノルウェー大使館
協力:JAZZ JAPAN、jazz Probe
企画制作:ブルーグリーム

主催・問合せ
新宿文化センター
(公益財団法人新宿未来創造財団)

Tel:03-3350-1141