トワイライト・オルガン・コンサート ~新宿文化センターオルガン奉献30周年~

ワンコインチラシ1025 なしのコピーのサムネイルご来場のお客様へ
主催公演における新型コロナウイルス感染症対策およびお客様のお願いはこちらをご確認ください。


新宿文化センターにオルガンが設置されてから今年で30年!
専属オルガニストによる演奏をお楽しみください。

日時

2021年10月25日(月) 18:00開演(17:15開場)

会場

新宿文化センター 大ホール (新宿区新宿6-14-1)
座席表はこちら

料金

無料 ※未就学児入場不可

申込

不要 ※当日、直接会場へお越しください。

出演

今井奈緒子(新宿文化センター初代専属オルガニスト)
高橋博子(新宿文化センター現専属オルガニスト)
早島万紀子(新宿文化センター初代・現専属オルガニスト)

今井奈緒子プロフィール
東京藝術大学、ドイツ・フライブルグ音楽大学オルガン科卒業。オルガンを河野和雄、秋元道雄、廣野嗣雄、ジグモント・サットマリーの各氏に師事。1985年ドイツ・ゲオルグ・ベーム国際オルガンコンクール、88年ベルギー・ブルージュ国際バッハ・コンクールに入賞。日本・ヨーロッパ各地におけるソロ活動のほか、経験豊かな通奏低音・アンサンブル奏者として共演者から信頼を得ている。新宿文化センターのケルン・設置後、2004年まで早島万紀子と共にオルガニストを務めた。ソロCDに「シャイトのアラマンダ」「バッハ:クラヴィーア練習曲集第3部」「スウェーデン 7つのオルガン」等。バッハ・コレギウム・ジャパン創設時からのメンバーとして教会カンタータシリーズをはじめとする国内外での公演、CD録音に数多く参加した。現在東北学院大学教養学部教授、大学オルガニスト、同宗教音楽研究所々長。日本キリスト教団霊南坂教会オルガン主任。(一社)日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

高橋博子プロフィール
東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院修了。安宅賞受賞。明治安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団の奨学金を得て、ドイツ国立ハンブルク音楽大学を卒業し、平和中島財団奨学生として同大学の国家演奏家試験を最優秀で合格。オルガンを今井奈緒子、W.ツェラーの両氏に師事。1999年ツェレ・ニーダーザクセン国際オルガニスト・コンクール、2000年北ドイツ放送局(NDR)音楽賞国際コンクール共に優勝。審査員長であったG.レオンハルト氏から絶賛される。2020年に当ホールで収録したCD『シャルル・トゥルヌミール』(録音:コジマ録音ALM)は発売前から話題となり、朝日新聞、読売新聞、音楽現代で推薦盤、レコード芸術で特選盤に選ばれた。Amazon他で発売中。現在、明治学院協力オルガニスト、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂オルガニスト。当ホールでは、2004年より専属オルガニストを務めている。

早島万紀子プロフィール
東京藝術大学音楽学部オルガン専攻を卒業。1977年フランスに渡り、フランスオルガン界の重鎮のミシェル・シャピュイ、アンドレ・イゾワールに師事。長年にわたるフランス滞在中、教会オルガニストを務め、ヨーロッパ各地の歴史的オルガンを訪ねて研鑽を積むかたわら、演奏活動を始める。帰国後は、東京藝術大学等で後進の指導にあたりながら、主にフランスオルガン音楽の普及に力を注いできた。日本を代表するオルガニストとして古典から現代に至る幅広いレパートリーに取り組み、その色彩感あふれる演奏は国内外で高く評価されている。1991年、新宿文化センターに大オルガンが設置されて以来、専属オルガニストを務めている。現在、フェリス女学院大学非常勤講師。
  
 
  

曲目

J.S.バッハ「 パッサカリア BWV582」
C.フランク「祈り」
J.ブレ「天使のワルツ」
Ch.=M.ヴィドール「オルガン交響曲第10番より終曲」他
※曲目は変更となる場合があります。

ご来場のお客様へ

・来館者カードに氏名・連絡先をご記入いただきます。
・ご入場の際はマスクの着用をお願いいたします
・入場時に検温を実施いたします。37.5℃以上の発熱および体調不良が認められる場合は、入場をお断りすることがあります。
・公演内容の変更および公演中止等が発生した場合は、新宿文化センターWebサイトにてお知らせします。最新情報をご確認のうえご来場ください。
・その他、主催公演における新型コロナウイルス感染症対策およびお客様へのお願いは、こちらをご確認ください。

主催・問合せ

新宿区立新宿文化センター(公益財団法人新宿未来創造財団)
新宿区新宿6-14-1
Tel:03-3350-1141