午後のワンコインコンサート ~女声合唱とソプラノのクリスマスコンサート~

ご来場のお客様へ
主催公演における新型コロナウイルス感染症対策およびお客様へのお願いは、こちらをご確認ください。

ワンコイン(500円)で上質なコンサート!

新宿文化センター合唱団指導者である山神健志氏によるクリスマスコンサート。
女声合唱と坂井田真実子さんの美しいソプラノをどうぞお楽しみください。

日時

12月20日(月)14:00開演(13:15開場)

会場

新宿文化センター 大ホール (新宿区新宿6-14-1)
座席表はこちら

料金

全席自由席 500円

窓口販売

新宿文化センター窓口での当日販売のみ(13:00~販売開始)
予約不要。当日直接、会場へお越しください

※未就学児入場不可
※電話・Web予約はできません
※ご購入時、できるだけ釣銭の出ないようご協力ください
※ご来館時、「新宿文化センター来館者カード」に氏名、連絡先(電話番号)の記入をお願いします

出演

山神健志(指揮)
坂井田真実子(ソプラノ)
ジョン・ラターを歌う女声合唱団
コーロ・ルーチェ
合唱団ミモザ

山神健志(指揮)

1973年生まれ。自由学園最高学部卒業、東京芸術大学卒業後イタリアに留学。現在、児童合唱から大規模な混声合唱まで多くの合唱団の常任指揮者をつとめるほか、各地で市民参加による公募合唱団や合唱ワークショップで指導。初心者でもわかりやすい的確な指導は、共演した内外の指揮者や合唱団員から高く評価されている。最近では、東京フィル・バッティストーニ指揮のヴェルディ『レクイエム』(2016年)、オルフ『カルミナ・ブラーナ』(2017年)、マーラー『千人の交響曲』(2018年)、ウォルトン『ベルシャザールの饗宴』(2019年)で合唱指揮を担当し好評を博した。




坂井田真実子(ソプラノ)

高校まで自由学園で学ぶ。国立音楽大学および同大学院修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。修了時に優秀賞及び奨励賞受賞。ロータリー財団奨学生として伊・ボローニャへ留学。平成25年度文化庁新進芸術家在外派遣員としてウィーンへ派遣。ソレイユ音楽コンクール2位及び優秀賞受賞。伊・セギッツィ国際ソリストコンクール聴衆賞(2位)受賞。日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団をはじめ、主要オーケストラと共演。大野和士、大植英次、ウルフ・シルマー等の指揮者とも共演する。2010年東京二期会『メリー・ウィドー』ヴァランシェンヌ役でデビュー、華麗な演唱と劇中のダンスシーンの舞台姿でも好評を博す。同公演『こうもり』アデーレ役では、稀なる表現力とコケティシュな魅力で大輪の華を咲かせるソプラノと評される。イタリア、ドイツ、オーストリア、中国、台湾等、国内外で演奏会やオラトリオの演奏会に数多く出演。2016年、国指定難病 視神経脊髄炎を発症。‪一時‬は下半身不随となり歩行不可能と宣言されるも、リハビリを経て病症や後遺症と共存しつつ舞台に復活した。二期会会員。RDD Japan(世界希少・難治性疾患の日)アンバサダー。‬

 

曲目

ジョン・ラター「 クリスマスキャロル」
クリスマスソング・メドレー ほか

主催・問合せ

新宿区立新宿文化センター(公益財団法人新宿未来創造財団)
新宿区新宿6-14-1
Tel:03-3350-1141