『明暗』草稿

『明暗』草稿

      • 数量
        3
      • 法量
        243×174
      • 作成年代
        大正5(1916)年
      • 作成者
        夏目漱石
      • 発行者
      • 使用者(受給者)
      • 材質・形状
        原稿用紙、表:ペン書、裏:筆書
      • 伝来
        『明暗』は大正5年5月から12月14日まで朝日新聞に連載され、漱石の死によって中絶、未完に終わった作品。この資料は第10・11回の草稿で裏面には筆で千字文などが書かれている。