林芙美子記念館 アトリエ展示室展示替え 放浪記執筆の頃「高円寺時代の林芙美子」(1月5日~開催)

この展示は終了しました。多数のご来館ありがとうございました。

林芙美子の代表作「放浪記」は、昭和2(1927)年から昭和5年にかけて『女人藝術』に掲載された作品を基に発表されたものです。「放浪記」は若き日の苦闘の物語ですが、執筆当時は、夫・緑敏との新婚生活を高円寺で送っていました。残された資料から、高円寺時代の芙美子の暮らしを紹介します。

【会 期】令和3年1月5日(火)~2月28日(日)
【時 間】10:00~16:30(入館は16:00まで)
【休 館】毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日が休館)
【会 場】林芙美子記念館 アトリエ展示室(中井2‐20‐1)
【入館料】一般150円、小・中学生50円
【問合せ】新宿歴史博物館 学芸課 03‐3359‐2131

浅賀園にて 芙美子と緑敏

浅賀園にて 芙美子と緑敏