所蔵資料展「新宿はなざかり」関連講演会 『福羽逸人回顧録』からひもとく新宿御苑の花の歴史(3月7日開催)

この講座は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

花でもてなす場としての皇室庭園を作り上げ、新宿御苑の礎を築いた人物として知られる福羽逸人(ふくばはやと)。現在、園内で見ることができる桜や菊、洋ランも福羽により受け継がれたものです。本後援会では、彼の回顧録に記された御苑の花々の歴史を振り返りながら、その魅力について紹介します。

【日 時】令和3年3月7日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
【会 場】新宿歴史博物館 2階講堂
【講 師】本荘暁子(一般財団法人国民公園協会 新宿御苑)
【定 員】45名(多数抽選)※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員、区内在住の方優先
【料 金】500円
【申込み】Webまたは往復はがきでお申込みください。 締切:2月20日(土)必着
※1応募で1名まで申込み可能です。
※Webからのお申し込みは、講座申込画面からお申し込みください。  ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ
メンバーズ倶楽部会員の方がお申込みの場合は、講座申込画面内の「ご質問等はこちらへ」欄に会員番号を明記ください。
※往復はがきの場合は、講座名・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話・年齢・性別をご記入のうえ、新宿歴史博物館(〒160-0008 新宿区四谷三栄町12-16)まで。
メンバーズ倶楽部会員の方がお申し込みの際は、会員番号を明記してください。
【問合せ】新宿歴史博物館 学芸課 03-3359-2131