新宿ファッションフィールド2018 デザイン画募集

毎年ひとつのテーマに基づいたファッションショーを開催し、今年は10回目。デザイン画審査を通過した入選者の作品が、グランプリをはじめとした様々な賞を競います。そのほか、協賛企業の素敵なプレゼントが当たる抽選会や、アパレル審査員によるトークセッションの実施、手づくり雑貨店の開催など、楽しい企画が盛りだくさん!イベントのメインを飾る、あなたの力作をどしどしご応募ください!


 

新宿ファッションフィールド2018
2018年11月23日(金祝)14:00~17:00
新宿文化センター大ホール(新宿区新宿6-14-1)

 

新宿ファッションフィールド2018のテーマ

The graffiti town

~落書きから生まれた世界~

戦が終わった時 街は焼け焦げた落書きのようでした
数日後 黒煙に煤けた駅の周りに落書きのようなヤミ市が出来て 街は再び動き出します 数十年後
戦後の記憶が薄れた街には落書きのような平和が張り付きました 焼け跡を知らない世代も増えま
したが戦は相変わらず国々を渡り歩き果てる気配はありません
やがて 戦を嫌う若者たちが落書きのようなLOVE&PEACEを発明しました
彼らは兵士の銃口に花を挿し花片から零れた片隅の文化は華やかな落書きに孵化しました
街は密やかに祈りました
路上を覆い地下に根付いた 不思議な落書きの力が永遠に続くことを
デザイナーは「落書きから始まる世界」のお伽噺を紡ぎます

 

デザイン画募集

デザイン画部門

テーマに基づいた手描きのデザイン画(A4サイズ)を期限内に提出。
メンズ、レディースどちらでも可。
審査によって、金賞・銀賞・銅賞の3つの賞を選出し、賞状および副賞を授与。
※作品を制作する必要はありません。
※審査はテーマにふさわしいものを選考します。
※絵の技術を評価するものではありません。

作品制作部門

テーマに基づいた手描きのデザイン画(A4)を期限内に提出。
未発表のレディース作品に限ります。
デザイン画の第一次審査によって、入選者約20名を選出。
入選者は自分の力で作品を制作し提出。
11月23日(金祝)のファッションショー(第二次審査)で発表し、グランプリを競います。

 

賞(予定)

入賞者には副賞として、賞金(全て商品券)と賞状を授与します。

デザイン画部門

金賞(1名):2万円 / 銀賞(1名):1万円 / 銅賞(2名):5千円

作品制作部門

グランプリ:30万円 / 準グランプリ:10万円
新宿区長賞:5万円 / 審査員特別賞:5万円
伊勢丹新宿本店賞:3万円 / オカダヤ新宿本店賞:3万円
観客賞(制作者・モデル・メイクの各2名に授与):各5千円 アパレル協賛企業賞:各2万円
  • アッシュ・ペー・フランス賞
  • アバハウスインターナショナル賞
  • シップス賞
  • ジュングループ賞
  • ビームス賞
 

応募資格

デザイン画部門
未だ作品の自主制作の知識(作図・縫製など)を持たないもの、もしくは学校の規定により作品の制作(コンテストへの参加)をカリキュラム上制限されている学生を対象とする。
※学生が入選した際は主催者から学校へその旨を連絡します。

作品制作部門
プロ・アマ問わず、年齢・性別・居住地・デザイン経験不問。
第一次審査に入選した場合、デザイン画に基づいた作品を自分の力で制作可能であること(縫製も自身で担う)
11月22日(木)のリハーサルおよび23日(金祝)のファッションショー開催日に本人が参加可能であること。
※入選者がこのイベントに参加する際にかかる交通費や宿泊費などは全て個人負担となります。

 

応募規定・注意事項

  1. 今回のテーマに沿った作品であること
  2. 未発表の作品であること。(作品制作部門はレディースのみ)
  3. 描く作品のシーズンは不問
  4. 応募点数は両部門共に無制限(デザインの重複は不可)
  5. 入選作品の著作権は主催者に帰属する(実制作作品は、審査・展示などが終了後、順次返却)
  6. 作品制作部門において作品を着るモデルは原則的に制作者本人がモデルを探して直接依頼すること
  7. モデルに出演依頼する際は本番日および前日リハーサルに各日に出席できることを条件として依頼すること
  8. モデルとのコネクションがなく依頼が困難な場合は、事務局側で学生モデルを手配しますが、制作者の意向に沿ったモデルを選ぶことはできません
  9. モデル全員に謝礼金として6千円(所得税・交通費含む)をイベント終了後に支給します
  10. 当日は記録撮影(スチール・動画)を行い、撮影した画像は、今後新宿ファッションフィールドの広報素材として使用いたします。
 

応募方法

  • A4サイズの画用紙(縦297mm×横210mm)を縦に使用し、必ず彩色(画材は自由、デジタル画像の出力やカラーコピーは不可)を施して応募すること。
  • 作品の一点ごとに余白へバックスタイル(裏側のデザイン)を描くこと。
  • デザイン画のウラ面には、応募用紙に漏れなく記入をしたものを切取り貼付すること。
  • 応募した作品は返却しません。(必ずカラーコピーなどの控えをとること)
募集要項・申込用紙 → PDF(5.36MB)

応募期間:2018年9月1日(土)~10日(月)17:00必着

 

審査方法

第一次審査 2018年9月下旬
  • 審査員複数名による非公開審査。
  • 全応募作品の中からテーマ性、独創性、色彩感覚、トータルバランスを審査し入選作品(デザイン画部門4点・作品制作部門20点)を選出予定。
  • 主催者事務局スタッフは審査を行いません。
第二次審査 2018年11月23日(金祝)
  • 新宿文化センターの大ホールにて、第一次審査通過作品の最終審査をファッションショー形式で行い、グランプリおよび各賞を決定。
  • リハーサルは本番前日(11月22日)に実施。
 

発表

デザイン画部門
9月下旬の第一次審査実施後に新宿文化センターウェブサイト上で発表。
入賞者4名には9月末日までに郵送および電話にて通知します。
11月23日(金祝)に新宿文化センター大ホールで開催される第二次審査(ファッションショー)でも結果を発表します。
※落選者への通知はいたしません。

作品制作部門
9月下旬の第一次審査実施後に新宿文化センターウェブサイト上で入選者を発表。
入選者には9月末日までに郵送および電話にて通知し、作品の制作を依頼します。
作品提出後、11月23日(金祝)に新宿文化センター大ホールで開催される第二次審査(ファッションショー)で各賞を発表し、賞状および副賞を授与します。
※落選者への通知はいたしません。

製作期間
作品制作部門の第一次審査において、デザイン画が入選した者は、作品を制作し、新宿文化センターへ11月17日(土)18:00必着(直接持参も可)にて提出のこと。

 

問合わせ・応募先

新宿区立新宿文化センター(公益財団法人新宿未来創造財団)
〒160-0022 新宿区新宿6‐14‐1
Tel:03‐3350‐1141

※応募の際に頂いた個人情報は、新宿未来創造財団個人情報保護規定に基き、本事業以外では使用いたしません。