林芙美子記念館 絵手紙講座 「唐紙はがきに描く」(5月10日開催)

現在の記念館である林芙美子邸の庭には、生前芙美子が好んだ竹が一面に植えられていました。本講座では、玄関や客間の庭などに残るその面影を、竹の繊維を利用した唐紙(とうし)はがきに描きます。画材の貸し出しもありますので、経験者・初心者を問わず、お気軽にご参加ください。

日 時

令和3年5月10日(月・休館日)※休館日に開館して開催します。 10:00~13:00

会 場

林芙美子記念館(中井2-20-1)

講 師

西村正代(日本絵手紙協会公認講師)

定 員

15名(多数抽選)※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員・区内在住の方優先

料 金

500円(材料費込)※講座に参加される方は、入館料は必要ありません。

申込み

Webまたは往復はがきでお申込みください。 締切:4月26日(月)必着
※1応募で1名まで申し込み可能です。
※Webからのお申し込みは、講座申込画面からお申し込みください。  ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ
メンバーズ倶楽部会員の方がお申し込みの際は、「ご質問等はこちらへ」欄に会員番号を明記してください。
※往復はがきの場合は、講座名・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話・年齢・性別・年齢をご記入のうえ、新宿歴史博物館(新宿区四谷三栄町12‐16)まで。また、メンバーズ倶楽部会員の方がお申し込みの際は、会員番号も明記してください。

問合せ

新宿歴史博物館 学芸課 03-3359-2131