所蔵資料展関連講演会 「子どもとおもちゃの対話をめぐって―戦後から今へ―」(8月20日開催)

「おもちゃ」は子どもが遊ぶことによって生命を得て、子どもとさまざまな対話を交わす相棒になり友達になります。
ベイゴマ、着せ替えなどをとりあげて、世代を越えて「つながる・つなげる」おもちゃの底力を感じていただきながら、戦後のおもちゃがどう変わってきたのか、児童文化・玩具文化研究者である森下みさ子氏にお話しいただきます。

【日 時】令和4年8月20日(土)14:00~15:30 (受付は13:30~)
【会 場】新宿歴史博物館 2階講堂
【講 師】森下みさ子(白百合女子大学教授)
【定 員】60名(多数抽選)※新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員、区内在住の方優先
【料 金】500円
【申込み】Webまたは往復はがきでお申込みください。
締切:8月3日(水)必着 ※ただし、Webでは定員に達するまで受付を行います。
【問合せ】新宿歴史博物館  03-3359-2131

※1応募につき1名まで申込み可能です。

※Webからのお申し込みは、講座申込画面からお申し込みください。  ⇒こちらをクリックして講座申込画面へ
新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員の方がお申込みの場合は、講座申込画面内の「ご質問等はこちらへ」欄に会員番号を明記してください。

※往復はがきの場合は、講座名・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話・年齢をご記入のうえ、新宿歴史博物館(〒160-0008 新宿区四谷三栄町12-16)まで。新宿歴史博物館メンバーズ倶楽部会員の方がお申し込みの際は、会員番号を明記してください。

森下みさ子

森下みさ子